ビットコイン(Bitcoin / BTC)とは?通貨の特徴を分かりやすく解説

ビットコイン(Bitcoin / BTC)は日本円や米ドルなどの従来の通貨(法定通貨)とは異なり、国家などの管理者がいないデジタル通貨です。2009年にサトシ・ナカモトと名乗る人物もしくはグループによって開発、公開されました。ビットコイン(Bitcoin / BTC)の人気に感銘を受けた開発者が多くの暗号資産(仮想通貨)を公開して、今日では数多くの暗号資産(仮想通貨)が存在しています。

本記事ではビットコイン(Bitcoin / BTC)について理解を深めたい方向けに書いています。是非、ご一読ください。

 

ビットコイン(Bitcoin / BTC)とは?

 

ビットコインの基本的な情報

創設者 : サトシ・ナカモト

通貨名 : ビットコイン(Bitcoin)

ティッカーシンボル : BTC

発行上限 : 2,100万 BTC

コンセンサスアルゴリズム : プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

Whitepaper : https://bitcoin.org/bitcoin.pdf 

 

ビットコイン(Bitcoin / BTC)はブロックチェーン技術によって管理・運用されている新しいデジタル通貨です。ビットコインを支えているブロックチェーンの特徴は大きく分けて3つあります。

1つ目は中央集権型の管理ではなく、ビットコインのネットワーク参加者(ノード)が取引記録を管理しているということ。既存の金融機関だと顧客のデータや取引履歴などのデータを金融機関のサーバーで管理してますが、ブロックチェーンはネットワーク参加者(ノード)によって共同で管理されています。

2つ目は取引の改ざんがとても困難であるということ。ハッシュや電子署名を利用してデータの改ざんを検知する仕組みが備わっています。また取引の履歴がチェーンのように繋がっており、一つの取引を改ざんすると前後のチェーンと整合性が合わなくなってしまうことで改ざんの難易度が高くなっています。

3つ目はシステムダウンが起きづらいことです。全ての取引記録のコピーをネットワーク参加者(ノード)が持っているので、一部のネットワーク参加者(ノード)がダウンしても、全てのネットワーク参加者が同時にダウンすることが理論上、ほぼ起きることがありません。

 

ビットコイン(Bitcoin / BTC)の今後・将来性・価格

上で紹介した3つの要素に加えて、決済手段として利用できること、キャピタルゲインが期待できて法定通貨と交換ができること、発行上限が決まっており希少性があることなどが相まって、ビットコイン(Bitcoin / BTC)が魅力的な投資対象となっています。

 

ビットコイン取引する際はチャートや24時間の取引量などを確認した上で取引をしましょう。

ビットコイン(Bitcoin / BTC)チャートはこちら。

ビットコイン(Bitcoin / BTC)以外の暗号資産(仮想通貨)相場の確認はこちら。

Vaccines To Protect Against Covid-19, The New Coronavirus Infection

f:id:shahida:20200320174555j:plain


Covid-19, the new respiratory infection caused by the SARS-CoV-2 coronavirus, is spreading internationally. However, companies and research institutes are developing vaccinations against it. An Asian man with a protective mask pushes his sleeve up while a syringe is drawn up on the foreground.

The coronavirus infectious disease that is spreading worldwide has been given the name Covid-19 (WHO, February 11, 2020). The virus that causes it was given the name SARS-CoV-2 (after it was initially listed under 2019-nCoV).

Read more